ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 ポンティアック 

ルート66 ポンティアック

ルート66 ポンティアック

ルート66 ポンティアック イリノイ州
ポンティアックの人口は約12000人、大部分の土地は農業地である。ポンティアックは、バーミリオン川 が 1982年12月4日に歴史上で最悪の洪水があり、 最近では歴史の中で第二の最悪の洪水が2008年1月9日に発生した。

1842年半ば、兄弟ルシウス・ヤング、兄弟ルシウス・ヤング、セス・M・ヤング、ポンティアックはヘンリー・ウィードによって1837年7月27日にこの地にたどり着いた。

町の始まりは少人数のグループがバーミリオン川のほとりにあるアンドリューマクミランの小屋に集まり、 彼らの計画は、リビングストン群の設立の計画をした。ジェシー・W・フェル多くの点でポンティアックにとって最初に名前を提供していた重要な人物である。郵便局を設立に尽力を尽くし、町の名前もインディアンのリーダーに敬意を表して「ポンティアック」と名付けた。

ルート66 ポンティアック

ルート66 ポンティアック

老酋長、ポンティアック
ポンティアックはカナダとアメリカ合衆国に原住するオタワ族インディアンの酋長。ポンティアクの戦争でイギリス人入植者に対する反乱に関わった事で知られる。フレンチ・インディアン戦争にも関与したと言われている。

オブワンディヤグは1720年に、現在のデトロイト川周辺にあった村で、オタワ族の父とチペワ族の母との間で生まれた。

英名「ポンティアック」は、19世紀にイギリス人が彼の事をボンディアックと呼んでいたものが、ポンティアックと変化したものである。オブワンディヤグらオタワ族は、17世紀から18世紀にかけ、フランス人商人と交易。

1763年、ポンティアック戦争において、大部隊を率いて2年にわたって敵を悩ませた人物である。スーペリアー湖からペンシルヴァニア地方にわたる広域を制圧、一時は勢力をメキシコ湾にまで拡げた。

デトロイトと、マキノウの奪回では数ヶ月の抵抗の後、イリノイ属の反目で命を絶たれた、1765年8月17日の事であった。

ルート66 ポンティアック

ルート66 ポンティアック

アメリカには元々、約500の先住民部族が存在したが、19世紀の初等から始まった白人移住民の西漸によって次第に追い詰められ、今では限られた地域に押し込められ、惨めな生活を強いられている。

移住人の持ち込んだ天然痘で、免疫を持たなかった彼らはたちまち、その数を減らしていった。白人は、インディアンをアルコール漬けにしたり、「文字」を持たなかった住民を窮地に追い詰め、領地を奪い、最後には、彼らの主食、バファッローの大量殺戮でもって物理的に生活の道を絶たれたのであった。

アメリカ移民達は多くの恩恵を先住民から授かっている。それに反して彼らが受けたものは馬を除けば、物騒な武器、ナイフ、火薬類で平和を破壊する無用な物資であった。先住民から授かった主な生活必需品は、、タバコ、ポテト、トウモロコシ、トマト等、現在の人間生活に欠かすことの出来ない食べ物や習慣である。

ルート66 ポンティアック

ルート66 ポンティアック

ポンティアック Pontiac
1926年に設立され、ゼネラルモーターズが製造・販売していたが、84年間使用された後2010年に廃止された。

キャデラックを最上位とするGMのブランド群の中では中位に相当し、若年の購買層をターゲットとし、スポーティーなキャラクターと比較的安価である。

ベビーブーマー世代が自動車免許を取得する年齢に達し、一大購買層となった1960年代中盤に入ると、他のゼネラルモーターズのブランドとの差別化を図るべく更に高性能化を進め、「GTO」と名付けられた高性能オプションを複数のモデルに設定した。

後に独立モデルとし高い人気を博した、「GTO」は現在でもコレクターズアイテムとして高額で取引されている人気モデルと成っている。

アメリカとカナダ、メキシコのNAFTA加盟国で展開され、販売網は商品展開がかぶらないGMCやビュイックと統合されていたが、GMの深刻な経営不振を受けて2010年限りでブランドが廃止された。

ルート66ポンティアック 大殿堂博物館
イリノイ州リビングストン郡にある小さな街で、ルート66協会、ルート66に関する博物館がありルート66の歴史がわかりやすく展示している。ルート66の大殿堂入りしたメンバーの記念品展示がある博物館で、入場無料。館内にはルート66にまつわる歴史、ルート66がアメリカ中西部から西海岸へと導く自由へのシンボル「マザー・ロード」と呼ばれた逸話などが展示されている。

ルート66を旅した画家のボブ ウォルドマイアのフォルクス・ワーゲン・バン Volkswagen Type 2やバスなどの展示もあり、建物の裏側に描かれた、州内最大のルート66の壁画は必見です。建物は古い消防署の建物を使っています。

ボブ・ウォルドマイヤ

ボブ・ウォルドマイヤ

ボブ・ウォルドマイア
1945年4月~2009年12月16 日ルート66アーティストでルート66の地図とアートワークを制作し、ルート66の歴史に残る方、

マザーロードであるルート66の地図と人間と自然のイラストを描きながらルート66の気まぐれな旅をした。

スプリングフィールド、イリノイ 州にあるコージードッグ・ドライブの エド・ウォルドマイヤ・ジュニアの息子です。

プロのアーティストとしてのキャリアは、サウザン・イリノイ大学の生時代に始まった。大学を卒業後、故郷に戻り「鳥瞰図」ポスターの制作を始めたが、彼はその後、ビジネスで利益の出るポスター制作に入る。

アメリカ34都市の絵を制作し始め、ルート66を旅しながらルート66の放浪画家と成る。ボブ・ウォルドマイヤは、スノーバード(温かい場所に移り住む)で、寒い冬に時期は、暖かいアリゾナ州のチリカフア山脈で自給自足し、夏の間、ルート66を旅し作品を創作し続けた。

ルート66 サンタモニカ

ルート66 サンタモニカ

ルート66とボブ・ウォルドマイア
ボブ・ウォルドマイヤは元々鉱山の町であるアリゾナ州のゴーストタウンであるハックベリーで1978年以来閉鎖され空いていた、1934年に出来たノースサイド食料品をルート66に関する観光案内とギフトショップをオープンした 。

後に、ボブ・ウォルドマイヤは、1998年にジョン·ケリープリチャードに店舗を売却した。

2004年、ボブ・ウォルドマイヤは、ナショナルヒストリックルート66連盟ルート66の保全への貢献のためのジョン·スタインベック賞を受章。

ボブ・ウォルドマイヤのオレンジ1972年製の フォルクスワーゲン・バスは 、2006年のアニメーション「 カ―ズ」のイメージに使われたが。ボブは「ボブ・ウォルドマイヤ」名前を付けする提案は拒否した。

2009年11月22日の「ボブの最後のアートショーはコージー·ドッグドライブインで開催されました。2009年12月16日に、ボブ・ウォルドマイヤは、肝臓がん死亡した。

彼の遺灰は近くモータービル墓地で彼の両親と眠っている。 彼のトレードマークのバンとバスはイリノイ州のポンティアックにある66殿堂博物館で展示されている。

110 W Howard St, Pontiac, IL

ポンティアック・オークランド博物館
2011年7月23日にオープンし館内にはクラシックカー等が展示され、ポンティアックのコレクションは素晴らしい!ルート66愛好者必見の博物館ですね。

ルート66 ポンティアックの壁画
アトランタの街の建物の外壁の多くには「ウォールドッグ」オールドファッションでビンテージ物の壁画や広告壁画を各地で手掛ける壁画職人たちのグループが手掛けた作品がある。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

ルート66とは?

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.