ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66オーバーンイリノイ州

ルート66オーバーン イリノイ州

ルート66オーバーン イリノイ州

ルート66オーバーンイリノイ州 1926年~1930年
Route66 Aburn’s Brick Illinois
オーバーン サンガモン郡  イリノイ州  標高191 m人口約4317人

ルート66オーバーン は、1926年から1930年の赤レンガ舗装路線のルート66が整備された、貴重な歴史的な赤レンガの道です。オーバンズ・ブリックの道にあるベックス・バーン(納屋)Becky’s Barnにも立ち寄る事が出来ます。

オーバーンの歴史
イリノイ州の最初の住人は、最後の氷河期の終わりに、約1万1000年前に氷河が後退した時にパレオ・インディアンがアメリカ大陸に到着した。パレオ・インディアンは、1600年代半ばに最初のヨーロッパの探検家が遭遇した先住民であった近代的なキッカポー、イリノイ、マイアミのインディアンの祖先でした。

ルート66 イリノイ州

ルート66 イリノイ州

パレオ・インディアンとは?
かつて旧石器時代の北米大陸に定住していた原始的な古代インディアンで、現インディアンの祖先で、パレオの名前はギリシャ語で古代を意味する「palaios」から名付けらた。

パレオ・インディアンが使っていたクローヴィス文化の尖頭器は、北米各地で発掘されている。石器で作った槍で北米に生息していたマストドン、マンモス、古代のカリブーやバイソン、ヘラジカ、アメリカアカシカ、ナキウサギなどの古代の動物を狩り食料や衣服にした。又、昆虫や木の実や漿果や根菜などを食料にし、洞窟で暮らしていた。

氷河期の終わり紀元前5000年頃ベーリング海峡を経たユーラシア大陸(東シベリア)と北米(アラスカ)が陸続きに成っていた時に移動しながら狩猟をして暮らす遊牧民族のグループが北米に渡ったとされる。

ルート66オーバーン イリノイ州

ルート66オーバーン イリノイ州

アラスカからさらに南に移動して行きロッキー山脈周辺で定住していたが後に幾つかのグループに別れ、バラバラに更に南や東などに移動していった。

インディアン部族のアパッチ族、アラパホ族、クロウ族、シャイアン族、ショーショーニー族、スー族、セネカ族、ブラックフット族、フラットヘッド族、ユート族等の各部族の先祖である。

フランスはこの地域を「ニュー・フランス」カナダの植民地としようとしたが、1763年の7年戦争で英国との戦争に負け紛失した。1776年にアメリカが独立し米国の領土に成った。

オーバーンの歴史
1821年、サンガモン郡が設立され、サンガモン川にちなんで命名されたか?サンガモンという言葉は、ポタワトム語の母国語である「食べる場所が豊富」かフランスの探検家が付けた名前、芸術の守護者セイント・ガモの説がある。

ルート66オーバーン イリノイ州

ルート66オーバーン イリノイ州

オーバーンの名前
トーマス・イーストマンの娘ハンナは、アンドロコルギン・メイン州にある故郷のオーバーンの名前を付けた。1770年の詩オリバー・ゴールドスミス(1728年~1774年)」の「ザ・デザーデッド・ビレッジ」の産業革命への批判に記載されている架空の村 「オーバン」の後に命名した。

サンガモン郡の南部に位置するこの地域は、1818年にジェイコブ・エリス、ジェームス・ブラック、サミュエル・ヴァンシル、ジョン・ウォレスなどによって設立された。 最初の穀物工場はジェームス・シムスと1825年にシュガー・クリークのロバート・クローによって水車が建設されました。1826年にジェームス・パトーンによって養殖場が設立された。その後、ヤコブ・ラウチが作った第2の水車とミルを建設した。

エイブラハム・リンカーン とルート66

エイブラハム・リンカーン とルート66

最初の学校は1828年に設立されました。ジェームズ・パットンの土地にパットン・スクール・ハウスが建てられた。最初の教会は、1835年に長老が建設されたが、オーバーンの村に移され、家として使われた。

トーマス・イーストマンと息子たちが、現在の場所の1.6km北に1835年に村を設立されましたが、1838年にシュガー・クリーク沿いに郵便局を設立した。数ヶ月後にオーバンに名前が変更された。馬車の宿場町としてミズーリ州のスプリングフィールドやイリノイ州の郵便局がに設立された。

第3節の東半分の高所にあり、そこからは素晴らしい景色が見えました。 それは彼らの姉妹ハンナが故郷のメイン州オーバンから命名した。イーストマンの兄弟は、蒸気動力の製粉工場と来年のシュガークリークタンヤードを建設した。

町は大きく成長し、1840年までに村には約6戸の住居と少数の住人しかいませんでしたが、2階建てのサルーンがあり、ウィリアム・スワニーが所有していた。

ルート66カヌート

ルート66カヌート

鍛冶屋スワニーはジョン・スミスにスペースを貸していた。スワニーは、プロのギャンブラーではないかと噂があったが、1843年にスワニーはギャンブラーから復讐され殺された。

オーバーンには、保育園、果樹園、キャビネットショップもあったが、イーストマン兄弟の新しい町を開拓するプロジェクトは失敗だった。オーバーンの工場を閉め、1841年にスプリングフィールドに移った。

アルトン&サンガモン鉄道が路線を建設すると発表され、オーバーンの町は成長する運命にあった。オーバーン・シチズン・ニュースぺーパーは、1874年にオーバーン・ヘラルドとして始まった。

ウィリアム・ローチとジョージ・オルガンは、1852年にオーバーンで店舗を建設した。

ルート66

ルート66 オクラホマ州

1853年にアルトン&サンガモン鉄道が建設された時、町は駅の現在地に移り、フィリップ・ワインマンが設立しワインマンと名付けられた。トーマスの息子、アサ・イーストマンがワインマンを買収し、オーバンという名前に変わった。

しかし、フィラップ・ウィンマンという別名の男性は、オーバーンから約200エーカー離れたところに200エーカーの土地を購入し、西側の鉄道に土地を無料で寄付しましたシュガークリークの側 ウィンマン氏は鉄道の町を設計した。

2つの派閥の間で急速に激しい闘争が続いたが結局、ウィンマンが勝利を収めた。

まもなく、古い町の事業の大半が集められ、新しい町に移り、「オーバーン  Auburn」と改名され、古い場所は「オールド・オーバーン」は、建物が火災などが壊れて撤去され、古い敷地は売却され、トウモロコシ畑に転用された。

新しい鉄道が開設され村が成長し始め、最初に1853年にハム&ポレーが店舗を開設した。最初の製造企業は、1856年に設立され20人の男性を雇用した。

ルート66 イリノイ州

ルート66 イリノイ州

モースのワゴン・キャリー・アグリカルチャラル・インプレメント・マニファクチャーでした。オーバーンは1865年に都市と成った。

1872年にオーバーン銀行が組織され、2年後、オーバン・ヘラルドが出版を開始し、現在も新聞を印刷しています。 1880年代初期までに、オーバーンには8つの学校舎と8つの教会、食料品店4軒、乾物店2軒、サロン3軒、ハードウェア店2軒、レストラン3軒、家具店、レンガ造りの工場など数多くの中小企業があった。

1890年には人口は874に増加し、1900年までにオーバーンは1300人に増加していた。町は主にいくつかの製造業が設立され、小麦粉、馬車、農作物が生産された。

ルート66オーバーン イリノイ州

ルート66オーバーン イリノイ州

レンガで道路を舗装する
馬車の時代に田舎の土や砂利の道路は雨が降った時に色々問題があった。不均等で水が溜まり道は泥に成り乾燥するまで数日間馬車が走る事が出来なかった

ヴァージル・ゲイツとモルデカイ・リーバイは、1883年にレンガ舗装道路を建設する方法の特許を取得した。レンガは作りやすく、軽く、路面も良好でした。 彼らは1800年代後半と1900年代初めにレンガを普及させた。

ルート66オーバーン イリノイ州

ルート66オーバーン イリノイ州

ルート66オーバーン1926年~1930年
ーバーン はイリノイ州の1926年から1930年までのルート66のレンガによる道路建設が魅力的で歴史的な赤レンガの道です。

当初、土砂の下に砂のクッションを敷き、隙間は砂で埋めたが、水が砂の接合部からレンガの間を通過し砂の床を緩め不十分であった。

解決策は、コンクリート基礎を造り、その上に砂クッションを置き、レンガを互いに近づけてセメントで隙間を埋める事でした。

ガラス化したレンガは非常に耐久性があり、水と腐食に対して耐久性があった歴史的なレンガの道、イリノイ州オーバーンの耐久性があり、スペースをがある為にひび割れる事なく伸縮する事が出来た。

ステートハイウエイ4号の場合、道路の両側に25cmのコンクリート縁石がある。U字型コンクリート基礎でレンガ、砂、アスファルトを使用した。

イリノイ州のレンガ舗装路線ルート66
イリノイのレンガ製造業者のロビー活動により、1913年Tice Actが成立した。

レンガ舗装路線の労働者は有名に成り、イリノイ州に1920年代のレンガを築いている道路建設乗組員、カンザス州のインディアン・ジム (ジェームス・ガーフィールド・ブラウン)で7時間以内に218tのレンガを設置した「アメリカのチャンピオン・ブリック層」でした。

ルート66の多くのレンガ舗装道路
テキサス州のアマリロのレンガの通り、シャムロックのテキサス通り、オクラホマ州のデボン・ポートのエドワーズヴィル等にある。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.