ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66で最古 アリストン・カフェ

ルート66 アリストン・カフェ

ルート66 アリストン・カフェ

アリストン・カフェはルート66で最古カフェのレストラン

30年以降は、ルート66は州間高速55号線のすぐ東側を走ることになりました。ちょうどスプリングフィールドとセントルイスの中間にリッチフィールドの街があり、ルート66では有名なアリストン・カフェがあります。

1924年にピーター・アダムスさんが開業、ルート66で最も古いレストランの一つです。当初は現在のイリノイ州4号線の通るカーリンビルCarlinvilleにありまたが、ルート66の移設に伴って、1929年にここリッチフィールドへ移転した。アリストン・カフェはルート66で最古カフェの一つである。

現在の場所は1935年以来70年近くも営業を続け、店のオーナーは開業

以来代々ピートアダム家で元々ギリシャからの移民。

ルート66 アリストン・カフェ

ルート66 アリストン・カフェ

カフェは、1929年と古くルート66が出来切る以前からルート66沿いで経営している老舗レストランでお客さんはかなり賑わっています。ここは、料理が美味しい!ルート66を旅する際は、是非ここでの食事はお勧めです。

店内はきれいでアメリカの田舎というより大都会にあるカフェのように洗練されています。

オーナーご夫妻は品のある人格者、ルート66や街の話、店の歴史などについて説明してくれました。ルート66の素晴らしいさを感じる事の出来るレストランです。

1992年には、アリストンカフェとアダムファミリーはルート66殿堂入り。

1966年以来、ピートの息子ニックとニックの妻、デミは、家族経営と運営レストランに期待従来のサービスを提供し続けてきた。ポール、長男デミとニックの息子、そして彼の妻、喜びは、2004年に家業に加わった。

The Ariston Cafe 413 Old Route 66 N Litchfield, IL 62056

ルート66 アリストン・カフェ

ルート66 アリストン・カフェ

ルート66タウン・リッチフィールド  イリノイ州 Litchfield
リッチフィールドは、トウモロコシ、大豆、農業経済における小麦主要作物。150年以上昔、アメリカ大陸横断鉄道は、セントルイスとアルト

ン、Hardinsburgの村からこの地域を経由して来た時、南西を通過する鉄道の開設された

イリノイ州南部、スプリングフィールドからセントルイスの間にあるこのエリア最大の町がリッチフィールドです。約人口は1万人。町の設立は1849年、最初は Hardinsburg という名前でしたが、その後町を買った会社リッチフィールド・タウン・カンパニー の名から、1855年にリッチフィールドと改名された。I-55から近い小さな市街地に、古き良きルート66が残されている町です。

Litchfield Museum & Route 66 Welcome Center ルート66とリッチフィールドの町の資料館

この町とルート66の関わり、産業の歴史、鉱山や石油といった地下資源や農業、こ町発の発展の歴史が展示されている。リッチフィールドに限らず、イリノイ州では他の州によくある寂れた都市とは違い、新しい産業が起きている町が数多くある。

ルート66

ルート66アリゾナ州、カリフォルニア州有り日帰り

ルート66

ルート661泊2日~

ルート66

ルート66横断8日~

ルート66とは?

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.