ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66で最古 アリストン・カフェ リッチフィールド

ルート66アリストンカフェ リッチフィールド

ルート66アリストンカフェ リッチフィールド

ルート66最古カフェのレストラン
Route66 Ariston Cafe
リッチフィールド Litchfield
創業1856年 標高211m人口合計6939人。イリノイ州リッチフィールドの人口の 97.1%が 白 人で白人社会。イリノイ州モンゴメリー郡のリッチフィールドは、イリノイ州南部、スプリングフィールドからセントルイスの間にあるこのエリア最大の町がリッチフィールドです。

リッチフィールド、イリノイ州の経済は2866人を雇用し、最大の業種は、 ヘルスケア・ソーシャル・アシスタンス 、製造業 、リテール・トレード、最高賃金産業はユーティリティー、ファイナンス&保険 、教育サービス等。

ルート66アリストンカフェ&リッチフィールド

ルート66アリストンカフェ&リッチフィールド

リッチフィールドの歴史
リッチフィールドは、トウモロコシ、大豆、小麦等が、主要農業経済です。150年以上昔、セントルイスとアルトン・アメリカ大陸横断鉄道がこの地域を経由して来た時、南西を通過する鉄道の開設された。

町の設立は1849年には最初はハーデングバーグという名前でしたが、その後町を買った会社リッチフィールド・タウン・カンパニー の名から1856年にリッチフィールドと改名された。

ルート66カヌート

ルート66カヌート

1853年には、テレホート、アルトン、セントルイス鉄道がこの地域を通ったときに町が開発されました。

1860年~1865 年 南北戦争、リッチフィールドは、黒人奴隷がいた時代、南北戦争によってリッチフィールドの男性を戦争に借り出されている。

1864年にウェズリー・ベストとデイヴィッド・R・スパークスは、鉄道とエドワーズ通りの間に4階建てのレンガ工場を建設しました。

石炭・天然ガス・小麦産業
1867年にロッキー支部に最初の石炭発掘が始まり、リッチフィールド・マイニング社が組織され、1869年2月27日に最初の石炭が採掘された。

1870年にリッチフィールドイにワバッシ鉄道駅が開設されていた。

1885年リッチフィールドの東部でガスの井戸が発見され、ヴァン・ベックスはガス幹線を都市に敷設した。リッチフィールドには天然ガスが約2年あまり供給したが、圧力が下がるにつれて、天然ガスの使用が中止された。

1881年1日に600バレルの小麦粉を生産する新しいプラネット・ミルがに開設されました。

ルート66アリストンカフェ&リッチフィールド

ルート66アリストンカフェ&リッチフィールド

ルート66アリストンカフェ 
1929年、ギリシャの移民のピート・アダムとパートナーは、世界大恐慌の激動に時代にレストランビジネスを始めた。元々、オリジナルのアリストンカフェは、1924年に近くのイリノイ州4号線沿いにあるカーリンヴィルにオープンしました。

1930年以降、アメリカ初の大陸横断ルート66が開通しカーリンヴィルをバイパスしてリッチフィールド に繋がりました。

アダムは、リッチフィールドからルート66沿線のリッチフィールドに1935年7月5日に$3625の資金でアリストン・カフェを始めました。

創業者のピーター・アダムは料理には自信があり、ベテランのレストラン経営者として、彼は苦しい時でも良いレストランの可能性を知っていました。彼はまた、イリノイ州のルート66のビジネスの可能性を痛感していた。

ルート66アリストンカフェ&リッチフィールド

ルート66アリストンカフェ&リッチフィールド

当時アメリカ第7位の都市であった、シカゴと2番目に大きな都市であるセントルイスとの間の主要な交通手段であるマザーロードは整備はされていた。

大恐慌の間でさえ、交通量は安定していた。イリノイ州では1936年には、ルート66を使い長距離の旅が出来るように成っていた。

バンケットの建物はオリジナルの歴史的建物を維持しています。アリストン・カフェをオープンした際の看板メニューは、伝統的なギリシャのペストリです。

建物は、インテリアブースで人気のアールデコ様式。外観は、アリストン・カフェの特徴は、正面ファサードのカーペットの壁と細かく様々なレンガを使用しています。

アダムスは。より多くの顧客の需要に応える為に正面には2つのガスポンプを設置しました。

世界大恐慌時には、何百万人もの労働者が仕事を失っていたにも関わらず、カフェなどのサービス部門のスタートアップは比較的安価な商売でした。

ルート66アリストンカフェ&リッチフィールド

ルート66アリストンカフェ&リッチフィールド

1938年からのフルサービスメニューでは、85セント、ベーコン、卵、BLT(4分の1)15¢のバドワイザーとポッター・ステーキを提供していた。

ガスパンプが無く成り、食料価格が上昇してもカフェは継続しました。 何十年にも渡ってカフェにいくつかの変更と改装がありましたが、オリジナルのレストランを保持しています。

1970年代に北側のファサードの宴会棟やいくつかの新しい正面玄関や日除けが改装されてましたが、当時の実用的な商業的スタイルのオリジナルの建物は誇りです。

アリストンカフェを発表し、バドワイザーのビールを宣伝する2つのオリジナルの金属とネオンのサインが正面を飾ります。

1935年に100人のお客様を収容した内装のダイニングルームは、北壁に沿った素晴らしいアールデコの壁キャビネット、クロームスツール、ブース内のオリジナルの照明器具など、オリジナルの装飾の多くを残しています。

ルート66アリストンカフェ&リッチフィールド

ルート66アリストンカフェ&リッチフィールド

オリジナルのダイニングセクションには、1935年の音響タイルの天井がそのまま残っています。

1940年に交通が量増加し、カフェの前の2車線のルート66がレストランの後ろを走る4車線のバイパスに置き換えられました。

物理的にレストランを周りに回す事は出来ないので建物の後ろに魅力的なネオン・サイネージを設置した。

レストランは1935年以来ビジネスを続けています。創始者のピート・アダムが死んだ時、彼の息子ニックがアリストンカフェ引き継いでいます。

アリストンカフェは、20世紀半ばにマザーロード沿いで繁栄した家族経営のレストランの珍しい生存者として有名な一族です。
Address 413 Old Rte 66 N, Litchfield, IL 62056


1992年にルート66の名誉殿堂に就任しました。

ルート66アリストンカフェ&リッチフィールド

ルート66アリストンカフェ&リッチフィールド

2006年5月5日に米国国立歴史記念館に登録された。
2007年National Park Service Route 66保存プログラムに登録された。

リッチフィールド・ミュージアムとルート66ウェルカムセンター協会が所有しています。主に寄付によって維持されています。

1934年、イリノイ州リッチフィールドにオープンしたベルベデーレモーテル(Belvidere Motel)は、最も古いモーテルの一つです。

ベルビデアー モーテル&ガス・ステーション
Belvidere Café Motel and Gas Station
イリノイ州リッチフィールドの ルート66に沿った歴史的な建物です。サイトには住居と2つのモーテルユニットもあります。1929年、アルビナとビンセンゾ・セロラはルート66を旅する人々の為に1台のポンプを備えたガソリンスタンドを建設しました。

ルート66リッチフィールド

ルート66リッチフィールド

ステーションは、 モーターオイルやその他の自動車付属品や必需品を販売した。ステーションはシカゴのジョンソン石油精製会社の一員としてリースのもとで運営されていた。

1936年には、新しいレンガ造りのガソリンスタンド、カフェ、個別の自動車ガレージを備えた4つのモーテルルーム、オーナーの小さな家屋がありました。レストランはセロラ・カフェです。

セリザンの娘エディスと夫のレスター クーリー・クランチは、エディスとの両親の死後も事業を続けました。クランチは1950年代に元々の家を破壊し、ガレージ付きの新しい家を建てました。モーテルの拡張しました。

1940年に、ルート66の4車線バイパスがに建物の反対側に設置された時入り口を再調整した。

1970年代の州間高速道路55号線の建設は、高速道路の交通を西向きにする事で、かつては繁栄していた家族経営の終わりを告げ、カフェは1971年に閉鎖されました。

クラニチェスは1975年に引退し、施設を閉鎖しました。カフェ、モーテル、ガソリンスタンドの建物は比較的良好な状態に保たれていたが、主に保管の為に使用された。

建物は売り出し中です。現在のオーナーは、翼の1つに部屋を借りることがあります。

モンゴメリー郡イリノイのための歴史的な場所リストの国民登録 。
2009年6月16日イリノイ州モンゴメリー郡歴史協会に登録された。
Address 825 Old Rte 66, Litchfield, IL 62056

リッチフィールド・スカイビュードライブイン
Skyview Drive-In Litchfield
リッチフィールド・ドライブインは1949年頃にオープンした。1950年6月には、スカイビュー・ドライブインと改名され、フリシナ・アミューズメント・カンパニーが運営していました。400台の車を収容する事が出来た。

現在はノーマンとデルポールが所有し、スカイビュードライブインは、歴史的なルート66沿いに営業しているドライブイン・シアターです。

ルート66リッチフィールド

ルート66リッチフィールド

ポール家は、過去30年間、イリノイ州リッチフィールドのルート66に沿ってスカイビュードライブインシアターを所有していました。3月初旬までにリッチフィールドの別の家族が劇場を所有する予定です。

スカイビューは、2人の夫と妻のチーム、ニックとミンディー・パストロビッチ、そしてマイクとデビー・パストロヴィッチが買収する契約を結んでいる。マイクとデビーはリッチフィールドでD&Mエロクロチック・ヒート を所有している。

スカイビュードライブインのシーズンは、天気によりますが、4月上旬から10月下旬までです。メモリアルデーと労働日後まで、劇場は金曜、土曜、日曜のみ営業しています。それ以外の場合、ドライブインは週7便オープンしています。ルート66栄誉の殿堂のメンバー、1951年以来運営されている。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

ルート66とは?

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.