ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ジェミニ・ジャイアンツ ランチング・パッド・イン

ルート66・マフラーマン

ルート66・マフラーマン

ランチイング・パッド・ドライブイン・ジェミニ・ジャイアント
Launching Pad Drive-In  Gemini Giant  Willmington  IL
ウィルミントンはアメリカのイリノイ州 ウィルカウンティーにある都市で、シカゴのダウンタウン・シカゴのループ から約75km南西に位置した、人口は約5724人の小さい田舎町。

ウィルミントンの歴史
1834年にトーマス・コックスは、ウィルミントンはトーマス・コックスによって設立された。

アルデン島の近くに土地を購入し、ウィルミントンを流れるカンカキー川のミル・レースに位置するウォーター・ホイールで駆動される製材、コーン・クラッカー、グリッドミル、梳綿機等を建設した。カンカキー川に二分されているウィルミントンの街は、農村部と郊外の生活との側面を兼ね備えている。

カンカキー川 ウィルミントン イリノイ州

カンカキー川 ウィルミントン イリノイ州

ランチイング・パッド・ドライブイン・ジェミニ・ジャイアント
ドライブイン・デリとして1960年にオープン、元々の設立はホットドッグやアイスクリームを販売を始めた。

1950年代からルート66の旅行者を歓迎しているジェミニ巨人のホームです「ルート66」を走行していると、突然道端に大きな人形が現れる。

「マフラーマン」と呼ばれている大型の人形型看板で「ルート66」のマスコット。

イリノイ州ウィルミントンの東部の入り口にあるルート66のランドマーク像です。宇宙船の像である緑色のジェミニジャイアントは、レストランの外に立っており数年間閉鎖されていました。

ジェミニ・ジャイアンツ ランチング・パッド・イン

ジェミニ・ジャイアンツ
ランチング・パッド・イン

ランチイング・パッド・ドライブインでレストランの外に立つの約9mの高さの像は、60年代にアメリカ全土で流行していた巨大な「 マフラーマン 」広告塔です。

ジェミニ・ジャイアンツ・ジェミニ宇宙計画にちなんで命名され、シルバーの「ロケット船」を手に持ち、溶接マスクに似た宇宙飛行士のスペースヘルメットを抱えています。

ランチイング・パッド・ドライブイン、ジョン、バーニス・コレックの所有者は、毎年全米ナショナル・レストラン協会のコンベンションでヘルメットとロケットを装備した500ポンドの宇宙飛行士を3500ドルで買収した。

ジャイアンツは1965年以来、ジェミニ・ジャイアントを搭載したランチイング・パッド・ドライブインは、2011年後半に発売され、ルート66のランドマークとして国際的に認められています。2010年秋の時点でレストランは閉店していました。

ジェミニ・ジャイアンツ ランチング・パッド・イン

ジェミニ・ジャイアンツ
ランチング・パッド・イン

ランチイング・パッド・ドライブインの地復活!
ウィルミントンにあるジェミニジャイアント、ルート66アイコン、ランチイング・パッド(ランチイング・パッド)レストランを購入するカップルがいるとのニュースが流れた。

ニュー・レノックスのツーリー・ガレットとホーリー・バンカーがレストランを再オープンする予定です。彼らはソーシャルメディアに計画を掲示した後、再開に潜在的な関心を抱いている。

ガレット氏は、「400〜500件の回答を得ている」と述べた。 「人々は古いスタイルのパイ・アンド・コーヒー・アメリカン・レストランを望んでいる」

ギャレットは、ジェミニ・ジャイアントを訪れて駐車場で、世界中の旅行者と出会い始めた時、日本、エジプト、スペイン、英国等、国内の旅行者を集めたと語った。彼らは今週の買収で終了する予定です。

ジェミニ・ジャイアンツ ランチング・パッド・イン

ジェミニ・ジャイアンツ
ランチング・パッド・イン

レストラン事業に携わり、大学でレストラン経営を学んだバーカー氏は、「ランチイング・パッド」という名前をつけようとしていると語った。

バーカー氏は、「可能な限りオリジナルを残し、それを修正したい」と述べた。 「これまでにランチイング・パッドで働いてきた伝統的な人々を含め、色んなアイデアを取り入れようとしている」と語った。

ランチイング・パッドの再開の為の計画はありません。バーカー氏は、建物を再び開くには、その建物がどれくらいの労力を必要としているかを判断する必要があると語った。

バーカーはノースカロライナ出身です。ガレットはウイル・カウンティーで育ち、いくつかの町に住み、55年間家族と保険代理店を営んでいました。

ジェミニ・ジャイアントは、オールド・ルート66の旅のルートにある、ルート53のセクションに沿っています。この像は、1960年代に宣伝目的で使用された多数の「マフラーマン」です。

1960年にデイリーデリートとしてオープンしたが、1965年にランチイング・パッドと改名されました。

ルート66の組織は、木曜日から土曜日までジョリエットで開催される Route66 Miles of Possibility カンファレンスの準備として、ジェミニジャイアントとランチイング・パッドの買収を発表しました。

ガレットとバンカーは、金曜日午前9時に基調講演を行った記者会見で、イリノイ州観光局長コリー・ジョベによって会議で紹介される予定です。

Launching Pad Drive-In
Address  810 E Baltimore St, Wilmington, IL 60481
時間 営業終了時間: 22:00
https://www.facebook.com/thelaunchingpadroute66/

ルート66イーグルホテル

ルート66イーグルホテル

イーグルホテル ウィルミント イリノイ州
Eagle Hotel  Wilmington, Illinois&Wilmington Area Historical Society Museum

イーグルホテルは、 イリノイ州 ウィルミントンにある歴史的な旧ホテルです。1836年に最初の入植者はウィルミントンに到着し、その土地の豊かな川や木材に恵まれていた。

トーマス・コックスは土地を築いて、この地域に最初の穀物工場を建設しました。 農夫は長距離を走り穀物を粉砕する為にミルに通ったが、トウモロコシと小麦が粉砕されている間、滞在する必要がありました。

ホテルが立ち上がった土地は1836年にディビッド・リザーによって購入し、プロジェクトを計画した。

ルート66 ウィルミントン

ルート66 ウィルミントン

建物が建設された正確な日付は記録されていませんが、約1837年に最初の一般的な店の後に建てられ、地域の工場の商品を収容する為に使用された。

町の一般的な店を所有していたヘンリーブラウンは、ウォーターストリートの店から通りを横切って2階建てのホテルを建設しています。

このホテルは特別なスタイルはありませんが、ギリシャの復興運動の影響を強く受けています。

1840年代にホテルは倉庫に隣接され、商品を販売する出来る店舗と成った。

ルート66カヌート

ルート66カヌート

ホテルは、1850年代初めにウィルミントンとシカゴとアルトン鉄道の開設し繁栄しました。1844年にライバルと名成る、豪華なイクスチェンジ・ホテルが通りの向かいの建設された。イーグルホテルは、地域に移住しに来た家族に安価な部屋を提供する路線に変更し活路を見出した。

ルート66が、開通し多くの顧客を提供しましたが、ホテルはビジネスで来たが滞在出来るように宿泊施設を改築した。

建物は1940年代にアパートに改築され、1982年までは小売店舗を維持しました。

Wilmington Area Historical Societyは、1990年に 火災でひど損壊した建物を購入し博物館に改装しました。

1994年に米国国立史跡に登録された。

Eagle Hotel Address 100 Water Street Wilmington, IL60481

ルート66 テキサス州

ルート66 テキサス州

マフラーマン
ルート66の巨人「マフラーマン」ルート66横断の際、街中や道路沿いに、巨大像を目にする。色んな種類があるが、基本的には表情や風貌が全く一緒で大男の姿は、現在アメリカ各地に何百と存在している。

巨人「マフラーマン」は、ファイバーグラス製で高さ5m〜9mある。半袖シャツが包む逆三角形の胴体、がっしりと踏ん張る足、遠くを見つめるまなざしが特徴。前に出された両腕の、左手のひらは下向き、右手のひらは上向きという格好だ。

架空のアメリカン・スーパーヒーローをモデルとするマフラーマンの元々の「職業」は木こりである。

ルート66・マフラーマン

ルート66・マフラーマン

1960年代、南カリフォルニアのベニスにあった「インターナショナル・ファイバーグラス・カンパニー」が、ガソリンスタンドの広告塔としての巨大像を制作し架空の民話「ポール・バニヤン」の主人公をモデルとしたのが始まりだ。

約9mの巨人ポール・バニヤンは、おとぎ話の中で「スーパー労働者」として描かれ、大きな斧でばっさばっさと木を切り倒し人々を助ける、アメリカ市民のヒーロー的存在として語り継がれた。斧を持つ両手を表すのにこのような腕の形に仕上り、後にこの鋳型が使い続けられた。

広告塔に、多くの業者から依頼を受け、インターナショナル・ファイバーグラス・カンパニーは、同じ鋳型を使い、時には頭や腕だけに違った型を利用して、マフラーマンを制作した。

ルート66・マフラーマン

ルート66・マフラーマン

ホットドッグマン、カウボーイ、パイレーツ、ゴルフプレーヤー、フットボールプレーヤーなど、ありとあらゆるビジネスの広告塔が誕生。中でも、車修理工のための、車のマフラーを持つバージョンが幅広く利用されたため、「マフラーマン」の名が付いた。

当時、マフラーマンが$1000〜$2800という予算で制作され、ロードサイドの、特にルート66周辺のビジネスをサポートする顔としてアメリカ全土に設置された。

1973年の石油危機の影響とファイバーグラスの危険性により需要が激減。生みの親であるインターナショナル・ファイバーグラス・カンパニーは1976年に廃業した。

1960年代、南カリフォルニアのベニスにあった「インターナショナル・ファイバーグラス・カンパニー」が、ガソリンスタンドの広告塔としての巨大像を制作し架空の民話「ポール・バニヤン」の主人公をモデルとしたのが始まりだ。

ルート66タルサ ゴールデン・ドリラー像

ルート66タルサ ゴールデン・ドリラー像

約9mの巨人ポール・バニヤンは、おとぎ話の中で「スーパー労働者」として描かれ、大きな斧でばっさばっさと木を切り倒し人々を助ける、アメリカ市民のヒーロー的存在として語り継がれた。

斧を持つ両手を表すのにこのような腕の形に仕上り、後にこの鋳型が使い続けられた。

広告塔に、多くの業者から依頼を受け、インターナショナル・ファイバーグラス・カンパニーは、同じ鋳型を使い、時には頭や腕だけに違った型を利用して、マフラーマンを制作した。

ホットドッグマン、カウボーイ、パイレーツ、ゴルフプレーヤー、フットボールプレーヤーなど、ありとあらゆるビジネスの広告塔が誕生した。

中でも、車修理工の為の、車のマフラーを持つバージョンが幅広く利用され「マフラーマン」の名が付いた。

当時、マフラーマンが$1000〜$2800という予算で制作され、ロードサイドの、特にルート66周辺のビジネスをサポートする顔としてアメリカ全土に設置された。

1973年の石油危機の影響とファイバーグラスの危険性により需要が激減。生みの親であるインターナショナル・ファイバーグラス・カンパニーは1976年に廃業した。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

ルート66とは?

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.