ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 ウインズロー

ルート66 ウインズロー

ルート66 ウインズロー

ルート66 ウインズロー アリゾナ州

アリゾナ州の人口は約9700人の小さな田舎町。ウィンズローは、エドワード·F·ウィンズローちなんで命名された。

ウィンズローは大陸横断鉄道の半分を所有していた,セントルイス&サンフランシスコ鉄道の社長。

サンタフェ鉄道が、ニューメキシコのサンタフェのような観光のメッカとなると考え、1930年に破格の約200万ドルを投じた。

ラ·ポサダは、中央に建てられたホテルと駅の複合体の最後のシリーズの一つでフレッドハービーとアッチソン、トピーカとサンタフェ鉄道の傑作でハービーハウス最後のホテルと成った。

デザインは、グランドキャニオンで数多くの建造物を造った、女性建築家 メリーコルターが、ミッションリバイバルとスペイン様式を融合し細部までこだわったホテルで、特徴は日陰の柱廊や娯楽施設、赤い粘土瓦で覆われた屋根、しっくいの壁や装飾的な錬 鉄の鉄製品が使用されている。

Route66 Winslow AZ

ホテルは1957年に閉鎖されサンタフェ鉄道のオフィースとして使用され。1994年に見捨てられたラ·ポサダホテルの 取り壊する計画を発表しましたが、

1997 年にアーテイスト Tina Mion と Allan Affeldt がホテルを購入

改装してMionの作品の為のMuseumを併設し、歴史地区の中にThe Mission Revival and Spanish Colonial Revival の建築様式で2011 年に再オープンした

砂漠の中の宝石」と呼ばれる魅力のホテルは芸術その物です。The National Register of Historic Places に登録

ルート66は、都市を経由してルーティングされたが、フリーウエーI-40 が開通しウィンズローは1977年に町は衰退した。

Route66 Winslow AZ

ラポサダホテルはオールドエンジェルのアルバム、Lost Dogさよならウィンスロー」収録されている 。

ウィンズローは、1972年の国家の名声を達成したイーグルスの曲テイク・イット・イージーの曲に登場し「スタンディング・オン・コーナー・イン・ウインズロー・アリゾナ」の記念碑がある 。

Take it Easy
1970年代初頭、イーグルスのオリジナル・メンバーと成る、グレン・フライ、ドンヘンリー、バーニー・レドン、ランディ・マイズナーの4人は、それぞれにリンダ・ロンシュタット のバックアップ・バンドとして雇われそこで出会った。

EAGLESの名前はインディアンの神話から取られた
ファーストアルバム”イーグルス”からのシングルカット 「Take It Easy」は歴史に残る名曲。

歌詞抜粋
Well, I’m a standing on a corner
In Winslow, Arizona
Such a fine sight to see
It’s a girl, my lord, in a flat bed

サンプル・パッケージ

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.