ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 ウインズロー

ルート66 ウインズロー

ルート66 ウインズロー

ルート66ウインズロー アリゾナ州 
Winslow Arizona
アリゾナ州 ナバホー郡の都市で市の総面積32km 2、人口は約9655人のルート66の宿場町。フラッグスタッフから約121km、ニューメキシコ州アルバカーキから約西に 510km、ラスベガスから南西 529kmに位置している。

ルート66のウインズローの歴史
ウィンズロー氏は、 セントルイスとサンフランシスコ鉄道の社長エドワード・F・ウィンズロー と大西洋と太平洋の鉄道の半分を所有していたエドワード・F・ウィンスロー氏によって、ウインズローに住んでいた探鉱家トム・ウィンスロー氏の名前を付けた。

アメリカルート66は元々ウインズローの街中を経由していましたが、 1977年の終わりにウィンズローのバイパス北部として州間高速道路40号を建設する契約が締結されました。アリゾナ州の米国ルート66の役目は終結してしまった。

ルート66 ウインズロー

ルート66 ウインズロー

イーグルスのTake it Easy
ウィンズローは、1972年にイーグルス / ジャクソン・ブラウンの 「 Take it Easy 」の曲で「 Standin ‘On The Corner Park アリゾナ州ウィンズローの角に立っている 」の世界的大ヒットで国家的な名声を得ました。

ウィンズローは、1972年の国家の名声を達成したイーグルスの曲「 テイク・イット・イージー」の曲に登場し「スタンディング・オン・コーナー・イン・ウインズロー・アリゾナ」の記念碑がある。

1970年代初頭、イーグルスのオリジナル・メンバーと成る、グレン・フライ、ドンヘンリー、バーニー・レドン、ランディ・マイズナーの4人は、それぞれにリンダ・ロンシュタット のバックアップ・バンドとして雇われそこで出会った。

イーグルスの名前はインディアンの神話から取られた、ファーストアルバム「イーグルス」からのシングルカット 

歌詞抜粋
Well, I’m a standing on a corner
In Winslow, Arizona
Such a fine sight to see
It’s a girl, my lord, in a flat bed

ラポサダホテルはオールドエンジェルのアルバム、Lost Dog「さよならウィンスロー」収録されている。

ルート66 ウインズロー

ルート66 ウインズロー

ラ・ポサダホテル ウィンズロー
サンタフェ鉄道が、ニューメキシコのサンタフェのような観光のメッカとなると考え、1930年に破格の約200万ドルを投じた。

最後のハービーハウス( ラ・ポサダ・ホテル)は1930年にオープンし、アリゾナ州のグランドキャニオンで多くの歴史的建て物を建築したメリーコルターによって設計された。

ホテルは1957年に閉鎖され、サンタフェ鉄道でオフィスに利用されました。鉄道は1994年にラ・ポサダを放棄し、それを解体する計画を発表したが、

アラン・アフレルデットによって購入、改装してミノの作品の為の博物館を併設した。歴史地区の中にミッション・リバイバル&スパニッシュ・コロニアル・リバイバル建築様式で2011年に再オープンした。

ラ・ポサダは、中央に建てられたホテルと駅の複合体の最後のシリーズの一つでフレッドハービーとアッチソン・トピーカ・サンタフェ鉄道の傑作でハービーハウス最後のホテルと成った。

ルート66 ウインズロー

ルート66 ウインズロー

デザインは、グランドキャニオンで数多くの建造物を造った、女性建築家 メリーコルターが、ミッションリバイバルとスペイン様式を融合し細部までこだわったホテル。

特徴は日陰の柱廊や娯楽施設、赤い粘土瓦で覆われた屋根、しっくいの壁や装飾的な錬 鉄の鉄製品が使用されている。

「砂漠の中の宝石」と呼ばれる魅力のホテルは芸術その物です。ザ・ナショナル・レジスター・オフ・ヒストリカル・プレス(National Register of Historic Places )に登録 された。

歴史的なラ・ポサダ・ホテルは美しく復元されています。エーカーの花や野菜の庭園、画家ティナ・ミオンの博物館、世界的に有名なレストランとマティーニ・バーのターコイズ・ルームがあります。

近くには、マテオ・クレーターは、時にはバリンガー・クレーターと呼ばれ、かつてはキャニオン・ディアブロ・クレーターとして有名な衝突噴火口です。

Standin ‘On The Corner Parkは、フラットベッドフォードで有名な「Girl My Lord」を描いた壁画を特集した公園です。ウインズローには、伝統的に9月の最後の週に開催された、毎年のStandin ‘On The Cornerストリートフェスティバルもあります。

ル―ト66

ル―ト66

ウインズロー空港
チャールス・リンドバーグ建設中にウインズローに滞在し設計しました。建設された時には、ニューメキシコ州アルバカーキとカリフォルニア州ロサンゼルスの間の唯一の全天候型空港でした。

ウインズローはWinslow Lindbergh Regional Airport ( IATA、 INW、 ICAO、KINW )当初はTranscontinental Air Transportように建設されましたが、現時点では商用航空会社の一般的なサービスはありません。

ウインズロー BNSF鉄道
南トランスコンコースにあり、ロサンゼルスとイリノイ州シカゴの間を走り、BNSF鉄道の従業員の交代ポイントです。ウィンスローのアムトラック駅は、毎日2回のアムトラックが停車します。

州間高速道路40号線はウィンズローのすぐ北にあり、ウインズローはアリゾナ州の歴史的なルート66にあります。

ペインテッド・デザートと化石の森はウィンズローから約97km東に位置し、リトル・ペインテッド・デザートはウィンズローから北に29 kmです。

メテオー・クレーターは、ウインズローから西へ約29 kmの隕石衝突噴火口と博物館でがあります。

トルバドール

トルバドール

ウインズローの歴史的出来事
蒸気機関車の時代、ウインズローはアチソン・トペカ・サンタフェ鉄道の水と燃料を補給する重要な停留所でした。

乗客は降りる事が出来、停止中に食事を取る時間もありました。1920年代には多くの有名人がハリウッドに向かう途中、ウィンズローに立ち寄る際はパレードが行われ、地元の新聞は、これらの特別なイベントをニュースに取り上げた。

ウインズローには、サンタフェ鉄道のラウンドハウスと修理工場がありましたが、バーストーの駅で新しいディーゼル機関車のエンジニアリング常務に取って代わられ、ウィンズローの経済は減少を始めました。

イランのシャーがアメリカに来ていくつかの観光スポットを訪れた1949年、彼はグランドキャニオンに向かいました。 彼の飛行機は、ウインズロー空港に着陸し陸路でグランドキャニオンに向かった。

ウィンズローは1972年に人気を博した「 Take It Easy 」のジャクソン・ブラウンとグレン・フライによって書かれ、イーグルスが演奏した。米国ルート66が州間高速道路40に取って代わられた時に都市は商業の損失を被ったが、歌の人気はウインズローの経済と町の復興に繋がった。

トルバドール

ルート66トルバドール

9-11記念庭園
ウィンズローには9月11日の攻撃の間に命を落とした人々を称える記念碑9-11記念公園があります。記念碑は、ニューヨーク市の世界貿易センターの塔の残骸から2つのガレキを使い建設されました。

ウィンズローの9-11記念館は、Bill HerronとDeeRodríguez議員の努力の結果であり、委員会と共に記念しています。 貿易センターの塔の残骸が捨てられ、残骸の担当者に連絡が取られ、長さ4.30cmの梁が与えられる事に成ったとのニュースがありました。

ウオールマートはウインズローに店舗を開業した。 2002年9月11日、記念日は2002年9月11日に開催された記念館の建設に時間とお金を寄付しました。記念碑はTranscon Laneとオールド・ルート66の角にあり、フライングJのトラックのステーションに成っている。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.