ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 ウイリアム

ルート66 ウイリアム

ルート66 ウイリアム

ルート66 ウイリアム アリゾナ州
Williams Arizona
ウイリアムスはココニーノ郡、アリゾナ州のフラッグスタッフの西に位置し、標高2062mの高地にある人口約3023人の町。グランドキャニオンのゲート・シティーに成っている。

元々は多種族のインディアンが生活をしていたが、1500年代にスペイン人の探検家達が、グランドキャニオンを発見し町が形成されていった。

町には歴史的なルート66、インターステート40号、およびチーフ・アム・トラック鉄道路線がある。グランドキャニオンのゲイトシティーであり、グランドキャニオン鉄道がグランドキャニオンビレッジまで1日1往復している。

ルート66 ウイリアム

ルート66 ウイリアム

ウイリアムスの歴史
19世紀の初めは毛皮ビジネスが盛んで毛皮商のオールド・ビルがウイリアムスを訪れた。北アリゾナで最初の探検家 ウイリアムス・シェリーが、1876 年に西部開拓の為の鉄道建設に関する多くのもめ事を解決した。

1881年に創立されたウィリアムズは、有名なトラッパー、スカウト、マウンテンの人物、「オールドビル・ウィリアムズ」に選ばれました。

彼の名を取って、町は ウイリアムスと名づけられた。1881年には郵便局、1882年には鉄道が敷かれ町は繁栄していった。

幌馬車を使った グランドキャニオンへの観光旅行が始まり、1901年、サンタフェ鉄道はウイリアムスからグランドキャニオンまで鉄道を延ばした。

1926年にウイリアムスを通る ルート66が完成し、それに伴いルート66沿いに多種多様なビジネスがオープンした。1968年には鉄道がサービスを廃止すると、車の交通量が増えビジネスチャンスが盛んに成った。

1932年9月26日、大統領選挙の間に大統領選挙の間にフランク・ルーズベルトはアリゾナ・カール・ヘイデンの米国上院議員と一緒にピットマン、ウォルシュ、コーエンの 3人の民主党議員をウィリアムズのグリーンウエー・ランチに訪れている。

ルート66 ウイリアム

ルート66 ウイリアム

1984年10月13日に、1941年から作られていた I-40の全線の中のウイリアムスの最後の高速道路の10kmが完成した。

このの完成がI-40 のバイパス全線開通の日と成り、ルート66最後の町として注目をあびた。ルート66ウイリアムスは、ネオンが綺麗で絵に成る町です。

グランドキャニオン鉄道 Grand Canyon Railway
グランドキャニオン鉄道は1901年にこの地の鉱物を運び出すために敷設され、まもなく資源が枯渇した後は観光客を運びましたが、事実上の営業終了は1968年です。

観光鉄道として90Km南の出発駅ウィリアムスからグランドキャニオンまで、一日一往復の運行をしています。客車をひいてディーゼル機関車が、昼頃にグランドキャニオン駅に到着します。

グランドキャニオン鉄道

グランドキャニオン鉄道

グランドキャニオン駅
運賃:60~155ドル(大人)1800年代、探鉱者が多く集まった、ウィリアムから45km北にあるアニタ鉱山からの運搬用に作られた。

1899年、源鉱が予想ほど採掘されなかった為、資金難に陥る。

1901年9月17日、アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道が買い取り、グランドキャニオンまでの軌道を設置、旅客鉄道として開通した。

1968年、自動車の普及により、利用者数が減少、サービスの停止

1989年9月17日、運行再開

利用した著名人 セオドア・ルーズベルト、フランクリン・ルーズベルト、アイゼンハワー、ビル・ゲイツ等

1901年に サンタフェ 鉄道が敷いたウイリアムス からグランドキャニオンの南の端までの103kmの鉄道で、当時の運賃は$3.95だった。

1980年代には「グランドキャニオン・レールウェー」として 美しい「Frey Marcos Harvey House and Depot」から グランドキャニオンへの観光列車を走らせる。
The National Register of Historic Places に登録されている。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.