ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 セリグマン

ルート66セルグマン

ル―ト66スノーキャップ

ルート66 セリグマン アリゾナ州
ルート66は、1978年にアリゾナ州によって歴史的なハイウェイに指定され、2005年には、セリグマンの町は商業歴史地区(Seligman Commercial Historic District)に登録された。

映画「カーズ」でラジェイター・スプリングのモデルであり、ピクサーの映画関係者は映画制作する為まずセリグマンを訪れた。

米国ハイウエーシステムであるインターステートハイウエーの完成で、役目を失ったルート66は1988年に廃線と成った。ルート66復活の立役者エンジェル・デルガディーロと友人達が、ルート66の保存と発展の為の非営利的「米国ルート66協会・アリゾナ」を立ち上げ、アリゾナの議会に歴史的なルート66の保存を認めるよう働きかけた。

情熱な復興運動の甲斐があり歴史的な道ルート66は、再び地図上に名前が刻まれるように成り歴史的文化遺産に登録された。

ルート66を通る他の8州(イリノイ州、ミズーリ州、カンザス州、オクラホマ州、テキサス州、ニューメキシコ州、カリフォルニア州)もエンジェルの考えに影響され、総本部をルート66キングマンに置きそれぞれの州に「米国ルート66協会」を設立した。

ル―ト66

ル―ト66 エンジェルとファン

セリグマンの歴史
ルート66セリグマンは、現在のセリグマン地区で和解していたインディンアのハバスパイ族の人々が定住していた土地であった。近くのピーチスプリングには、ハバスパイ族村がありグランドキャニオンの西側に居留地区がある。

人口約456人のアリゾナ州の小さな田舎町でラスベガスとグランドキャオンの中間に位置している。1889年~1891年、セリグマンはザットとモルトリーの家族によって設立された。

ルート66とサンタフェ鉄道
元々セリグマンは、プレスコットとアリゾナ・セントラル鉄道のフィーダーラインを走っているアッション、トペカ、サンタフェ鉄道の主要鉄道駅でした。アリゾナ領土の プレスコットに走っていた為、「プレスコットジャンクション」と呼ばれていた。

ル―ト66セリグマン

ル―ト66セリグマン

サンタフェ鉄道は1882年にセリグマンまで開通した。1886年、ニューヨークからJW・セリグマンカンパニー の創設者の一人であるジェシー・セリグマンの名前から町の名がセリグマンに改名した。

1891年にサンタフェ・プレスコット・フェニックス鉄道が、アッシュフォークのサンタフェのメインラインジャンクションに置き換えられた。

セリグマンの平らな立地は、鉄道路線のセンターに成り畜産物輸送センターの役割を担い、アリゾナ州ウインズローとカリフォルニア州のニードルの間に位置し鉄道乗組員の宿泊施設が設置された。南北戦争以前は食肉処理場で繁栄したが、南北戦争で町は全てを失った。

ル―ト66

ル―ト66

サンタフェ鉄道とハビー・ハウス
セリグマンの土地は元々ハバスーパイの種族の土地だったの 「ハバス」と名付けられていた。ハビー・ハウス はセリグマンのフレッド・ハービー・カンパニー・ハービー・ハウスのホテルとレストランは、 サンタフェ鉄道員と地元住民にサービスを提供していた。

ハービーハウスと隣接してサンタフ駅と図書館があった。ハバス・ハービー・ハウス は1905年にオープンしたが1954年に閉鎖され2008年に解体された。

バーリントン北部サンタフェ鉄道 (BNSR)は、1996年以来、数多くの貨物列車とノンストップのアムトラック列車が走っていますが、1984年に旅客列車はセリグマンは停車しなく成った。元サンタフェレディングルームは、現在セリグマンハイスクールにあります。

ルート66

映画「Cars」のモデルカー

ルート66 セリグマン歴史地区
セリグマンは、1926年から1978年まで、 州間高速道路40号線を数マイル南に迂回していた元のルート66号線があった。

セリグマンは第二次世界大戦後は、南西部では人気のある観光地で車社会に成り、退役軍人も数多くいて町は繁栄し全盛期を迎えた。

セリグマン商業歴史地区は歴史的なルート66に沿って20世紀初頭の商業ビルを復活させた。

歴史地区は1903年からピット・ジェネラル・マーチャンダイス・ストアーと郵便局、1905年にはパイオニアホールとシアター、セリグマン・ガレージ、1923年にはセリグマン・プール・ホール等。

1987年、セリグマンは「歴史的ルート66の生誕地」と呼ばれれるように成った。

1987年、セリグマンはアリゾナ州にルート66に歴史的なハイウェイを捧げると確信したセリグマン住民の努力のために「歴史的ルート66の生誕地」という名称を得ました。セリグマンはコロラド川の東側のトポックまで約260km走っている歴史的なルート66最長で途切れることなく西に向かう最初の停留所です。

ル―ト66スノーキャップ

ル―ト66スノーキャップ

ルート66スノーキャップ
デリガディーロのスノーキャップ・ドライブ・インは、1953年にルート66でファン・デリガディーロによって設立された。

1953年にデルガディーロ兄弟のファン が始めたドライブイン。1950年代初め、ファンは自分所有の納屋がルート66を通るフォードのディーラーのセールスマンや シフトで変わる鉄道労働者達の利用の需要があることを知り、その人気のコーナーをアイスクリームショップに変えようと思い付いた。

当時アリゾナ州の中に店があったスノーキャップとフランチャイズ契約を結んだ。サンタフェ鉄道の廃材を再生し設立された。映画「カーズ」のモデルカーが展示している。

私の友人でもあった・・・ファンが2004年に亡くなり息子の ロバートも2007年に亡くなったが、息子の ジョンと彼の家族で伝統を受け継いで営業している。

エンジェル・デルガディーロとは?
エンジェル・デルガディーロ、ルート66の伝道師、 マザーロードの父、ルート66のガーディアン・エンジェル、アンバサダーと呼ばれルート66愛好者の象徴的な人物。

エンジェル・デルガディーロは1987年に設立されたアリゾナ州歴史ルート66協会の創設者「歴史的ルート66」のシンボル的存在。 彼の情熱によりアメリカ・ルート66、イリノイ州、ミズーリ州、カンザス州、オクラホマ州、テキサス州、ニューメキシコ州、アリゾナ州、カリフォルニア州、8州でも協会が創設された。

長年に渡ってルート66のガイドブックとウェブサイトがルート66に関する情報を提供し、彼に言及してきました。彼の兄弟ファンはセリグマンのスノーキャップ・ドライブインを経営していました、既に他界している。

1947年にエンジェルはセリグマンの高等学校を卒業した後 、彼は町で理髪店を経営後の歴史的なルート66にギフトショップとルート66ビジターインフォメーションを開業した。

エンジェル・デルガディーロは、1985年に米国高速道路システムからのルートの衰退と最終的に地図上からルート66が消えてしまった歴史を目の当たりにした。

エンジェルはアリゾナ州ルート66協会を発足する為貢献し、 最終的には彼の情熱が、米国ルート66協会がルート66、8州全てに協会が設立された。

ジョン・ラセターは、2006年ピクサーの「映画カーズ」の製作する為 ルート66の歴史を研究している時に、デルガディーロに出会い、エンジェルは、 高速道路40号線が開かれた日にルート66の町を通る交通量が消えた歴史を語った。デルガディーロはルート66の情熱を通して「映画カーズ」製作する際、刺激された言われています。

長年に渡って彼はルート66の魅力に成り、人々は彼と話をして世界中からエンジェル会いに来ている。アソシエイテッド・プレスが彼にインタビューした時、彼はヨーロッパとアジアの観光客を歓迎していた。

エンジェルの物語は、元のキングストン・トリオのメンバーであるジョン・スチュアートのアルバム「ラフスケッチ」で書かれた「エンジェル・デルガディーロ」がある。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.