ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 フラッグスタフ

ルート66

ルート66

ルート66 フラッグスタフ アリゾナ州

フラッグ・スタッフは、人口は約53000人で州北部の中心都市で交通の要衝でセドナまで車で約1時間の所にあり又北アリゾナ大学や冥王星の発見で有名なローウェル天文台がある。

フラッグ・スタフの名は1876年にアメリカ合衆国独立100周年を記念して立てられた旗竿に由来している、

旗竿はペンデロッサー・パイン(スペイン語で山の松の意味)は、北米西側に生息するマツを使った。

フラッグスタッフはコロラド高原に位置し、標高2000mを超える町でアリゾナ州最高峰である

ハンフリーズ・ピーク 標高3850mはフラッグスタッフにあり、ハンフリー・マウンテンはインディアンの聖なる山です

ルート66 フラッグスタフ

ルート66 フラッグスタフ

1855年、エドワード・フィッツジェラルド・ベールはニューメキシコ州リオグランデからカリフォルニア州フォート・テホンに向けての道を調査していた時、

フラッグスタッフの町になる場所の東端にキャンプを張った。

ベールとその部下はすぐ側に立っていた松の木から枝を折って取り除き、星条旗を掲げる為の旗竿とした。

フラッグスタッフに最初の移民が住みついたのは1876年である。

1881年には鉄道も通り、次第に牛と材木の搬出の中心地となっていった。

1899年には、北アリゾナ大学が開校以降、北アリゾナの文化と教育の中心地と成っている。

フラッグ・トレイン・駅は1926年製歴史ある駅舎で以前は、 The Atchison Topeka&サンタフェ鉄道の駅だった。

ホテル・モンテ・ビスタ1927年元旦創業の老舗ホテルで今では、完璧に往時の状態に改装された。

ルート66 フラッグスタフ

ルート66 フラッグスタフ

当時その魅力に惹かれて、ジョン・ウエイーン、ビング・クロスビー等、映画の撮影の為やルート66の西の拠点でもあり沢山の著名人が訪れた。

1924年、フラッグスタフ にホテルは少なく、出稼ぎに町へやってくる人達を滞在させ続けるのが極めて難しかったのでV.M. Slipher が、

ホテル建設の為の地域的な債券設立のキャンペーンをやり始め、フラッグスタフにホテルが建てられた

禁酒法時代にオープンしたホテルは、酒の密売をラウンジでやっていたが、1931年役人に急襲されて閉館。禁酒法が廃止された2 年後に再開した。

1935年〜1940年の 5 年間にはホテルのラウンジとロビーは、町でたった1軒だけの広いレンジのスロットマシンをやれる場所として人気だった。

ルート66 フラッグスタフ

ルート66 フラッグスタフ

1940~50 年代、西部劇の映画がアメリカの庶民に人気が出始め,セドナやオークリーク・キャニオン近くで100 本以上の映画が撮影された。

撮影中は、ホテル・モンテ・ビスタが宿泊所と成った。20世紀初頭、フラッグスタッフには映画産業を誘致する計画があった。

当時はその計画は実現せずハリウッドに奪われてしまったが、フラッグスタッフでも数多くの映画が撮影されてきた。

フラッグスタッフで撮影された映画は、イージーラィダー(1970年ピター・ホンダー)
ミッドナイト・ラン(1988年、ロバート・デ・ニーロ)
フォレスト・ガンプ(1994年、トム・ハンクス) ハンクスがジョギングをしていたシーンがフラッグスタッフのダウンタウンで撮影された。

映画「カサブランカ」の1シーンは、このホテルの1室で撮影されている。映画のほかにもフラッグスタッフは、小説にもよく登場する。ジャズ・スタンダードの「ルート66」の歌詞中にもフラッグスタッフの名が出てくる。

サンプル・パッケージ

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.